人気ブログランキング | 話題のタグを見る

WWE RESULTS

7/19 WWE The Horror Show at Extreme Rules Results

7/19 WWE The Horror Show at Extreme Rules Results_c0390222_07225863.jpeg
[フロリダ州オーランド:WWEパフォーマンス・センター]

【キックオフ・ショー】
WWE本社スタジオからスコット・スタンフォードとペーター・ローゼンバーグが登場します。ルネ・ヤング、WWE殿堂者ブッカーTとJBLがズームでの出演で今夜の試合について話をします。

プロモはブレイ・ワイアット、ベイリー&サーシャ・バンクス、レイ・ミステリオ対セス・ローリンズの抗争をまとめたものが流れます。

トム・フィリップス、バイロン・サクストン、サモア・ジョーのコメンタリーブースから登場します。ケビン・オーエンズとマーフィーが登場して試合がスタートします。

ケビン・オーエンズ  -  マーフィー[Kevin Owens vs. Murphy]
勝者:ケビン・オーエンズ[Winner:Kevin Owens]
※オーエンズがスーパーキックの後でスタナーを決めてピンフォールで勝利しました。

【エクストリーム・ルールズ】
オープニング・ビデオが流れて、マイケル・コールとコーリー・グレイヴスがコメンタリーブースから登場します。SmackDownタッグ王座戦がスタートします。

第1試合 ☆SmackDownタッグ王座テーブル戦[SmackDown Tag Team Championship Table Match]
王者:ニュー・デイ(ビッグ・E&コフィー・キングストン)  -  セザーロ&中邑真輔[The reigning SmackDown Tag Team Champions : The New Day (Big E and Kofi Kingston) vs. Cesaro and Shinsuke Nakamura]
勝者:セザーロ&中邑真輔【新チャンピオン】[Winners and New SmackDown Tag Team Champions : Cesaro and Shinsuke Nakamura]
※セザーロ&中邑組がニューデイにパワーボムでテーブル葬を決めて勝利し新王者となりました。

舞台裏ではアレクサ・ブリス、ニッキー・クロス、カブキ・ウォリアーズ(アスカ&カイリ・セイン)のセグメントが行われて、アレクサ、アスカ、カイリの言った言葉をクロスが繰り返しました。

第2試合 ☆SmackDown女子王座戦[SmackDown Women's Championship Match]
ニッキー・クロス(w/アレクサ・ブリス)  -  王者:ベイリー(w/サーシャ・バンクス)[Nikki Cross with Alexa Bliss vs. The reigning SmackDown Women's Champion : Bayley with Sasah Banks]
勝者:ベイリー【王座防衛】[Winner and Still SmackDown Women's Champion : Bayley]
※ベイリーがピンフォールで勝利して王座を防衛、試合後サーシャとともに勝利を祝いました。

ブレイ・ワイアットのファイヤーフライ・ファンハウスの映像がながれます。

フィリップス、サクストン、ジョーがコメンタリー・ブースに登場します。ブースの横には丸テーブルが用意されていてそこに新しいUS王座ベルトが置いてありました。フィリップスがアポロ・クルーズが負傷して王座を防衛することが出来なくなったと述べます。

MVPとボビー・ラシュリーが登場してリングに進みプロモを行います。MVPはリングアナのマイク・ロームに自身が新しいUS王者と紹介するように話をします。MVPは新しいUS王座ベルトを持ってリングに戻り、ラシュリーがMVPにベルトを巻いてMVPが正真正銘のUS王者であることをアピールしました。

第3試合 ★アイ・フォー・アン・アイ戦[Eye For An Eye Match]
レイ・ミステリオ  -  セス・ローリンズ[Rey Mysterio vs. Seth Rollins]
勝者:セス・ローリンズ[Winner:Seth Rollins]
※試合中ミステリオの目から流血して、レフェリーがミステリオの目を確認して試合終了、ローリンズが試合に勝利しました。

アンダーテイカーのザ・ラスト・ライドの宣伝とフィリップスがミステリオの容体について話をします。

舞台裏ではベイリーとサーシャがケイラ・ブラックストンのインタビューを受けました。

ワイアット・スワンプ・ファイトのプロモ映像が流れます。

第4試合 ☆RAW女子王座戦[RAW Women's Championship Match]
王者:アスカ(w/カイリ・セイン)  -  サーシャ・バンクス(w/ベイリー)[The reigning RAW Women's Champion : Asuka with Kairi Sane vs. Sasha Banks with Bayley]
結果:ノーコンテスト[Results:No Contest]
※アスカがリングに入ってきたベイリーにグリーン・ミスト(毒霧)をしようとしますが、ベイリーではなくレフェリーがグリーン・ミストにまみれます。ベイリーは王座ベルトでアスカを殴打してレフェリーからレフェリーシャツを奪い取って着て勝手にレフェリーとなります。バンクスがアスカをカバーしてベイリーが3カウントを数えて、ベイリーがタイムキーパーにベルがならすように指示してベルが鳴って試合が終わります。試合後、ベイリーがRAW女子王座ベルトを持ってサーシャに渡します。ベイリーとサーシャが勝利を祝い(?)ました。アスカは不満を持っていました。試合はノーコンテストのような扱いになりました。

第5試合 ☆WWE王座エクストリーム・ルールズ・フォー・ジグラー戦[WWE Championship Extreme Rules for Ziggler Match]
王者:ドリュー・マッキンタイヤ  -  ドルフ・ジグラー[The reigning WWE Champion : Drew McIntyre vs. Dolph Ziggler]
勝者:ドリュー・マッキンタイヤ[Winner and Still WWE Champion : Drew McIntyre]
※試合前にジグラーは試合条件を発表して、自分だけがエクストリーム・ルールズが適用されると述べます。マッキンタイヤがもし反則負けやカウントアウト負けになっても王座移動があることが言及されます。ジグラーがコーナーからのスウィート・チン・ミュージックに行きますが、マッキンタイヤがそれを阻止してクレイモア・キックを決めてカバーし3カウントで勝利、王座を防衛しました。

第6試合 ★ワイアット・ストンプ・ファイト[Wyatt Stomp Fight]
ブラウン・ストローマン  -  ブレイ・ワイアット[Braun Strowman vs. Bray Wyatt]
勝者:ブレイ・ワイアット[Winner:Bray Wyatt]
※ワイアットの背中が火にまみれてどこかへ走り去っていくと、頭に布をかぶったアレクサ・ブリスが回想で登場してストローマンに話しかけて、ストローマンがそれに導かれるように歩いていると、ワイアットが登場してストローマンに顔を掴むもストローマンがワイアットを泥にたたきつけます。その後ストローマンはワイアットを沼に落として、ワイアットがストローマンを沼にひきずりこんでマンディブル・クロ―を決めます。試合の最後はザ・フィーンドが登場して試合はワイアットが勝利してPPVが終了しました。

by wweliveheadlines | 2020-07-20 11:11 | WWE RESULTS

WWEの最新情報をお伝えしています。


by Wweliveheadlines